風のとおり道
写真 世界の名画 壁紙 リンク集 お知らせ
 
 
 
世界の名画
  ヨハネス・フェルメール
   Johannes Vermeer
  オーギュスト・ルノアール
   August Renoir
  クロード・モネ
   Claude Monet

  ジャン=フランソワ・ミレー
   JeanFrancois Millet
 
 リンク
  フェルメール美術館
  アムステルダム国立博物館
  マウリッツハイス美術館
  ルーヴル美術館
  メトロポリタン美術館
 

●はじめに

 フェルメールは、17世紀にオランダで活躍した風俗画家である。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされ、生涯のほとんどを故郷デルフトですごしました。
最も初期の作品の一つ「マリアとマルタの家のキリスト」(1654-55頃)にみられるように、彼ははじめ物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある「取り持ち女」の頃から風俗画家へと転向していきます。静謐で写実的な迫真性のある画面は、綿密な空間構成と巧みな光と質感の表現に支えられています。



●生涯


・1632年10月31日にデルフトに生まれる。絹織物職人として活動するかたわら宿屋を営んでいた父は、ヨハネス誕生の前年に画家中心のギルドである聖ルカ組合に加入。10年後の1642年にはフェルメールの家として知られる「メーヘレン」に転居。


・1653年にカタリーナ・ボルネスと結婚したフェルメールは、同年末に聖ルカ組合に加入しています。従ってこれ以前に画家としての本格的な修行を積んだことになるが、デルフト以外の場所でのことだったようです。


・1662年と1670年の2度にわたって聖ルカ組合の理事に選出されており、生前から画家として高い評価を受けていたことが伺われます。


・1675年にデルフトで没。享年43歳。

 
●主な作品
「真珠の耳飾の少女」
「牛乳を注ぐ女」
「デルフト眺望」
「絵画芸術」
 
 
美術展
  震災復興10周年記念
   
オランダ絵画の黄金時代
   
アムステルダム国立美術館展
    開催期間:2005年10月25日(火)〜
           2006年1月15日(日)
    開催場所:兵庫県立美術館
           TEL:078-262-0901

   展覧会では、アムステルダム国立美
   術館のコレクションのなかから、フェ
   ルメール《恋文》などのオランダ17世
   紀絵画の名品の数々を一堂に展示し、
   様々な側面から黄金時代を紹介して
   います。

  
 
             Copyright © 2004 風のとおり道. All Rights Reserved.     from 2004.8.13   自然を愛する写真家
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO